空席確認・予約する
0422-29-9770
ラインで問合せ
アクセス

適応症

【鍼灸の適応症】梨状筋症候群

https://meks-acu.com/wp-content/uploads/2023/03/考え事をする女性のイラスト-1.png

「梨状筋症候群は鍼灸でよくなる?」
「そもそも梨状筋症候群ってなに?」

https://meks-acu.com/wp-content/uploads/2023/02/staff_sato-e1676962673101-300x300.jpg
鍼灸師さとう

こんにちは!吉祥寺メックス鍼灸院の佐藤です。

梨状筋症候群はお尻の深くにある梨状筋という筋肉が過度に緊張し坐骨神経を圧迫してしまい、痛みやしびれが出るものです。

梨状筋に対して直接鍼でアプローチし、筋肉の緊張を緩和することができます。

筋肉の緊張やコリに対する治療は鍼灸が最も得意とするところです。

✔ この記事のポイント
  • 梨状筋症候群は鍼灸で症状の消失・改善が期待できる
  • 筋肉の問題なので比較的早期に改善が期待できる

梨状筋症候群とは

「梨状筋症候群」はお尻の深いところにある梨状筋という筋肉が過度に緊張し、坐骨神経を拘扼・刺激して、臀部痛や下肢痛、腰痛などを起こす病態です。

梨状筋症候群のよくある症状

・長時間の座位でお尻の痛みがひどくなる

・足の方に広がるような痛み(坐骨神経痛)

・股関節の屈曲、内旋、内転で痛みが強くなる

【梨状筋症候群の人がすると痛くなる股関節の動作】

梨状筋症候群の原因

梨状筋に負担がかかることが多いと、梨状筋が凝り固まり、症状が起きるようになります。
特に、中腰の姿勢や長時間の座位などは梨状筋に負担がかかります。

・草むしりなどの中腰姿勢

・ゴルフなどの体を撚る動作があるスポーツ

・長時間の車の運転(長時間の座位

梨状筋症候群に対する鍼灸治療

梨状筋症候群の鍼灸治療

痺れや痛みのある局所に対して鍼やお灸をします。

梨状筋刺鍼

梨状筋症候群では梨状筋の筋緊張を緩和することが根本的な治療となります。

梨状筋に対して鍼をします。

臀部(お尻)に長めの鍼を用いて、梨状筋に直接アプローチすることで症状の緩和・改善が期待できます。

治療回数の目安

梨状筋症候群は比較的短期間で症状の改善が期待できます

1~3回の治療で症状の改善が実感できることが多いです。

筋肉の緊張緩和は鍼治療が得意とするところです。

関連記事

佐藤 長快

佐藤 長快

鍼灸師(国家資格). 公益社団法人 全日本鍼灸学会 正会員. 日本良導絡自律神経学会 正会員. 東京医療専門学校鍼灸専科 卒業. せんねん灸セルフケアサポーター. 日本良導絡自律神経学会の元副会長 後藤公哉先生に師事. 上海中医薬大学 短期留学 推拿コース修了. 上海中医薬大学 短期留学 解剖コース修了. メンタルケアスペシャリスト養成講座 基礎課程修了. 認定NPO法人 健康医療評価研究機構(iHope International) e-Learning 型 Midcareer Academic learning Program 臨床研究オンライン学習プログラム修了.

関連記事

人気のブログ

  1. 鍼治療って痛いの?

  2. 鍼灸院の通院頻度は?【症状別に解説】

  3. 鍼灸院で下着・ブラジャーを取る必要はある?